イマドキジャーナル

iマークが読んで楽しい『イマドキ』ネタをお届けします!

*

ビタミンKで夢の長寿に?肌ホネ血管若さ!ためしてガッテンで!

   

ビタミンk01

 

こんにちは、当ブログマスターのiマークです。
数々のビタミンの特集を組んできたためしてガッテンで、
ビタミンの大特集をするようです。

番組の中では、ビタミンKにも注目するようです。
その『ビタミンK』とはどんなものなのか
気になったので少し調べてみました。

ビタミンKとは??

ビタミンk03

ビタミンAとかビタミンBとかビタミンCとか
ビタミンDとかは有名ですが、
いきなりアルファベットが離れて飛んだ感じの
ビタミンKって、あまり聞き慣れない人も多いのではないでしょうか?

ビタミンKは、従来のアルファベット順に冠しているものとは違い
ドイツ語のkoagulationの頭文字をとって命名されたそうです。
koagulationは、凝固を意味しています。

ビタミンk04

なぜ、『凝固』なのかというと
デンマーク人のカール・ピーター・ヘンリク・ダムが
1929年に、脂肪を全く含まない飼料でニワトリを飼育する実験をしました。

そのニワトリは数週間のうちに出血し始めたが、
脂肪を含まない飼料に、純粋なコレステロールを加えても
この現象を止めることはできませんでした。

つまり脂肪以外の何かが一緒に除去されていることになり、
それを、凝固を意味する(koagulation)の頭文字をとって
ビタミンKと呼ばれるようになりました。

スポンサードリンク

ビタミンK効用は??

ビタミンk02

ビタミンKは、血液を凝固させ止血する効果あります。
反対に、血液の凝固を防ぐ物質の生成にも関与していて
凝固の抑制する効果あります。

骨にカルシウムを取り込むのに必要な、たんぱく質を活性化させ
さらに、骨からカルシウムが排出されるのを抑制する働きもあることから
骨の健康を保つ効果が期待できます。

骨や歯の強化や、骨粗しょう症の予防したい方や
カルシウムが不足しがちな授乳中の方おすすめです。

ビタミンKは、納豆、明日葉、つるむらさき、おかひじき、ほうれん草などに
多く含まれている他、サプリメントなどでも摂取が可能です。

下記動画のように、日本人のビタミンK摂取基準も変わってきているようです。

さまざまな効果のある『ビタミンK』、今後も要注目ですね。

 - ヘルスケア

スポンサードリンク

  関連記事

オサカナスキネ
オサカナスキネとは?健康スイッチ!血液サラサラ食材まとめ!

こんにちは、ブログマスターのiマークです。 別冊主治医が見つかる診療所『健康スイ …

mekuma
駆け込みドクターで紹介されたモデルスマイル体操とは?

こんにちは、ブログ管理人のiマークです。 人の顔の印象は、眼の回りの状態で大きく …

ice000
赤ちゃんの背中にアイスノンを!

  こんにちは、ブログ管理人のi-マークです。 赤ちゃんの急な発熱から …

st01
伸ばさないストレッチ!アロンガメントジナミコとは?ためしてガッテンで紹介!

こんにちは、ブログ管理人のiマークです。 運動不足解消のために、ウォーキングや軽 …

teashi_01
手足口病!大人の初期症状は下痢から?頭痛の経過は要注意!

こんにちは!ブログマスターのiマークです。 6〜8月の暑い季節がやってくると流行 …

tenki
天気痛の正体は?治療法と効果的な市販薬について!

こんにちは!ブログマスターのiマークです。 今回は、ためしてガッテンでも放送され …

001
世界一受けたい授業の命を救う正しい応急処置とは?

こんにちは、ブログマスターのiマークです。 身近な人に万一のアクシデントがあった …

daeki02
だ液腺マッサージとは?主治医が見つかるで紹介の免疫力アップ法!

こんにちは、ブログマスターのiマークです。 主治医が見つかる診療所【名医の免疫力 …

k002
寒天ダイエットの効果のなぜ?口コミとレシピのまとめ!

こんにちは、ブログマスターのiマークです。 「お試しかっ!」などでTVでも取り上 …

kaki001
牡蠣のつらい食中毒症状!潜伏期間は?治療は何科が良い?

こんにちは。iマークです。 鍋のおいしい季節になってきました。 かき鍋が好きなi …

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>