イマドキジャーナル

iマークが読んで楽しい『イマドキ』ネタをお届けします!

*

厚切りジェイソンの漢字ネタ!R-1決勝でオカシイダロウ!

   

001こんにちは!ブログマスターのiマークです。

芸歴5ヶ月に満たない「厚切りジェイソン」という名のお笑い芸人さんが
「R-1ぐらんぷり2015」決勝戦進出で話題になっています。
厚切りジェイソンさんは、アメリカ出身の外国人のピン芸人。
しかも、IT企業の役員でもあるというから驚きです。
そんな異色芸人のネタや芸名の由来、
デビューの経緯などを探ってみたいと思います。

スポンサードリンク

厚切りジェイソンさんってどんな人?

本名は、ジェイソン・ダニエルソン。アメリカ出身で身長は186cmと、アメリカ人なだけあってなかなか大柄な方ですね。大学には、17歳でイリノイ大学にとび級入学するという素晴らしい経歴も持っています。

誕生日は、1986年4月9日で現在28歳なんだそうです。まだ28歳なんですね。特に見た目が老けているわけではないんですが、ブロンドの髪に眼鏡という印象がパッと見、ビルゲイツっぽい気もするので妙な貫禄を感じてしまいます。

既婚者で奥さんと娘さんが2人いるそうです。家族を養っていくという責任から、いまでもIT関連企業は辞めずに、ワタナベエンターテインメントに所属して芸人との両立をしているのだそうです。

スポンサードリンク

なぜ『厚切りジェイソン』?由来は?

シャレなのか、リアルなのかは定かではありませんがツイッターでは、『厚切りジェイソン』の由来を下記のように語っています。『厚木ジェイソン』としないで、『厚木』→『厚切り』としたところにセンスを感じますね。一度聞いたら耳に残るネーミングですね。

芸人を目指したきっかけは??

来日した2005年頃にブームだった「エンタの神様」に興味をもって、それからネタ番組に流れるテロップを見つつ日本語の勉強に励んだそうです。スピード感あふれるネタの特殊な言葉使いを模範に
日本語を勉強してたっていうのも、かなり異色なケースですね。

そんな中で、「クールポコ」「アクセルホッパー」「オリエンタルラジオ」などの芸人達に刺激を受け、日本で芸人を目指したいと思うようになったそうです。

「ザブングル」の営業で、お客さんと腕相撲するというコーナーで選ばれて、ステージに上がったことがあり、それがきっかけで「ザブングル」加藤歩さんと親交ができて、会社を辞めなくても土日に通うことが出来る、ワタナベエンターテインメントの養成所を教えてもらったのが芸人になる直接のきっかけになったようでうす。

普通、素人がたまたまステージに上げてもらって、その後に名刺を渡したくらいでは、プロの芸人さんと親交を持つまで行かないと思いますが、そこはチャンスを逃さず切り込む鋭い嗅覚と勢いで、厚切りジェイソンさんの魅力を見抜いてもらったんでしょうね。さすがです!

 

厚切りジェイソンのネタは?

厚切りジェイソンさんは、「一・二・三・四」「大・太・犬」「始」「東北沢」「憂鬱」といった漢字にまつわる矛盾を面白おかしく問いただすというネタで脚光を浴びましたが、これは日々の漢字の書き取りや日本語の勉強で感じた「オカシイダロウ!」という素朴な疑問から思いついたネタなのだそうです。

日本人の芸人がやっても面白くない外国人の特性を存分に活かした着眼点で、まだまだ掘り下げて行けば爆笑ネタがたくさん生まれそうですね。実際、厚切りジェイソンのツイートを読んでいくと流暢な日本語でたくさんの漢字を使ってつぶやいているので、どうしたら戸惑う外国人をそれらしく演じられるかまで深く研究しているクレバーな方なんだな〜と感じました。

「Why japanese people(ホワァイ ジャパニーズ ピープル)オカシイダロウ!」と豹変してキレるフレーズとともにCMに起用されたりしたら、一気に流行語大賞の候補に躍り出そうですね!

まだまだブレイクしてく可能性大の「厚切りジェイソン」さんに要注目です。

 - お笑い

スポンサードリンク

  関連記事

001
R-1復活出場のマツモトクラブが面白い!

こんにちはブログ管理人のiマークです。 ピン芸人日本一を争う 「R-1ぐらんぷり …

001
川村エミコの奇跡の一枚の画像とは?こけし好きの理由について!

こんにちは、iマークです。 お笑い(たんぽぽ)川村エミコさんですが 最近テレビを …

001
8.6秒バズーカー!ラッスンゴレライの意味と歌詞は?

こんにちは!ブログ管理人のiマークです。 最近なんだか良く耳にする「ラッスンゴレ …

     

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>